翻訳を代行する業者

女の人

業者の特徴

最近では、翻訳代行サービスが注目されてきていますが、グローバルに製品を展開している企業には重要なものとなります。言葉が分からない状態では、仕事もうまくいきません。そのため、こういった翻訳代行が利用されているのです。言語は、英語の他にも、ドイツ語やフランス語など様々な外国語がありますが、ビジネスシーンでは翻訳が欠かせないものとなります。翻訳にも種類があり、主に文芸翻訳と産業翻訳の二つに分けることができます。文芸翻訳は出版翻訳と呼ばれていて、小説や絵本、雑誌などの出版されているものを翻訳します。文芸翻訳のほとんどは個人による翻訳となります。産業翻訳は実務翻訳、ビジネス翻訳とも呼ばれていて、翻訳代行業者の9割近くが産業翻訳となります。コンピュータや電機、医療などの分野での翻訳となります。翻訳代行業者では、少数の社員で成り立っていることが多く、フリーランスの翻訳者と契約をしているというものがほとんどとなります。企業から翻訳を受けると、契約しているフリーランスの方に任せるという形となっています。料金体系としては、1ページで計算する場合や、1セットで計算する場合があります。1文字の相場としては、1文字9程度となり、400文字だと3600円となります。高額な翻訳代行サービスの場合は、1文字20円からとなっていて、400文字だと8000円となります。初めて翻訳代行業者を選ぶという場合は、一括見積サイトを利用して複数の業者を比較してから検討してみましょう。翻訳会社によっても外国語によっては依頼ができない場合もあります。